白ニキビと赤ニキビ

ここではニキビ発症の過程を時系列に沿って確認する作業を、皆さんと一緒に進めて行きたいと思います。まずはニキビが出来る場所ですが、これは毛穴に他なりません。毛穴が赤く腫れて突起状態となればニキビで、毛穴を皮膚の表面の皮脂が塞いでしまう事で、この悪しき兆候が生じます。

私達の皮膚上には適度な皮脂が定着しているのが正常な状態ですが、乾燥肌となれば皮膚はうるおいを保つべく、積極的に皮脂を分泌する事で対応を試みます。乾燥と皮脂過多がイメージ的に結びつかず、むしろ「皮脂がベタつけば乾燥では無くむしろ水分方では?」と思われがちですが、基本乾燥肌イコール皮脂過多のリスク大と覚えておきましょう。

結果余分となった皮脂は行き場を失い、結果毛穴に詰まってしまい、最初は白ニキビと称される小さな白い突起状態となります。背中ニキビの赤ちゃんと捉えればご理解いただけるでしょう。続いてこの白ニキビを形成する皮脂にアクネ菌が蓄積から増殖し、赤くはれ上がってしまった段階が背中ニキビです。このように段階を経て発症するのがニキビであり、とりわけ背中ニキビは普段肉眼で捉え辛い部位故に初期対応が遅れ、結果多くの方々を悩ませる段階まで症状が進行するリスクが高いのも特徴です。