確実に効果を得るべく

直接肉眼で確認出来ず、手を伸ばすのも一苦労の背中という部位のスキンケアは、顔や手足と違って大きな制限が生じる現実が避けられません。保湿クリームの塗布という対策の実践に際しても、第三者の協力が不可欠であり、結果想い描く通りのスキンケア実践が叶わず、更なるストレスから症状悪化に拍車が掛かってしまう悪循環のリスクにも注意が求められます。ここでは以下、日常生活を通じて自分1人でも十分実践出来るノウハウとポイントをご紹介しておきたいと思います。

まずは関連知識として、肌の保湿力10代をピークに、対して背中ニキビ発症の原因となる皮脂の分泌量は30代でピークを迎え、そこから減少して行く事実を踏まえておいてください。すなわち20~30代が最も背中ニキビ発症のリスクが高い体質であり、多くの方々がイメージする「放っておいても瑞々しい肌」を、ノーケアでは維持出来ない現実が確認出来ます。この事実を踏まえず、清潔感を保つ、爽快感を覚える目的で1日に複数回シャワーを浴びる、背中を洗うなどの行為に及べば、それだけ皮膚上に余分な皮質を増やす結果に繋がり兼ねません。

こうした背中の状態から、うっかり背中を引っ掻いてしまうなどすれば、一気に背中ニキビ発症へと直結が避けられません。確実に保湿対策を施す前の段階として、不用意に皮脂を増やしてしまう生活スタイルの改善に関し、キッチリと自問自答される事をお薦めいたします。

白ニキビと赤ニキビ

ここではニキビ発症の過程を時系列に沿って確認する作業を、皆さんと一緒に進めて行きたいと思います。まずはニキビが出来る場所ですが、これは毛穴に他なりません。毛穴が赤く腫れて突起状態となればニキビで、毛穴を皮膚の表面の皮脂が塞いでしまう事で、この悪しき兆候が生じます。

私達の皮膚上には適度な皮脂が定着しているのが正常な状態ですが、乾燥肌となれば皮膚はうるおいを保つべく、積極的に皮脂を分泌する事で対応を試みます。乾燥と皮脂過多がイメージ的に結びつかず、むしろ「皮脂がベタつけば乾燥では無くむしろ水分方では?」と思われがちですが、基本乾燥肌イコール皮脂過多のリスク大と覚えておきましょう。

結果余分となった皮脂は行き場を失い、結果毛穴に詰まってしまい、最初は白ニキビと称される小さな白い突起状態となります。背中ニキビの赤ちゃんと捉えればご理解いただけるでしょう。続いてこの白ニキビを形成する皮脂にアクネ菌が蓄積から増殖し、赤くはれ上がってしまった段階が背中ニキビです。このように段階を経て発症するのがニキビであり、とりわけ背中ニキビは普段肉眼で捉え辛い部位故に初期対応が遅れ、結果多くの方々を悩ませる段階まで症状が進行するリスクが高いのも特徴です。

背中ニキビ発症の原因

夏を間近に迎え、水着や背中が大きく開いた洋服を身に纏う機会が増えるとなれば、普段直接肉眼で確認出来ない、自身の背中のコンディションが気掛かりになって当然です。お風呂上がりなどに蚊鏡に映った背中に小さな赤い斑点や地腫れの兆候を確かめてしまった時のショックは、経験者であれば思い出すのも辛い記憶に違いありません。「こんな背中のまま夏を迎えられない」と一気に意気消沈してしまう程、背中ニキビは私達にとって大変厄介な存在に他なりません。

そんな憎き背中ニキビは発症に際し、季節を選ぶ事はありません。四季を通じて僅かな油断の隙をつくように現れ、入浴時に背中を洗っている際に覚えた痛みや、ご家族や仲の良い友人知人からの指摘で現実を知るケースが珍しくありません。この背中ニキビ発症の原因は人それぞれですが、日常生活を通じて発症を抑える防御策の実践に際し、保湿の二文字がスルー出来ない事を覚えておいてください。

背中ニキビに限らず、実際に症状が露呈する引き金となるのが、皮脂の過剰分泌である事は、既に多くの方々がご存知の通りです。この皮膚に生じたイレギュラーな状況を改善あるいは発症を防止するに際し、保湿が重要な鍵を握っています。ここでは以下、背中ニキビ発症のメカニズムと保湿に努めるに際しての注意点など、皆様の日常のスキンケアにお役立ていただける関連知識をお伝え申しあげます。日常生活全体の見直しと合わせ、ご参照から活用いただければ幸いです。